ミドルアイアン① わずかにハンドファーストになるよう構える|ライザップゴルフ

まずはミドルアイアンの正しいアドレスを覚えよう

ゴルフ上達法,練習法

ミドルアイアンは、全てのクラブのちょうど中間にあたるクラブです。

 

ゴルフを始めたばかりの方やスイングが安定しない人などは、スイングを固めるためによく練習するべきクラブにもなります。

 

ミドルアイアンでは、アドレスを取る時のスタンス幅は、ちょうど両肩と同じくらいになるように取ります。スイング自体がそんなに大きな動きにはならないので、ドライバーショットのようにスタンス幅を広くとる必要はありません。

 

肩幅と同じくらいの広さがあれば、上体の動きを十分に支えることができます。スイングの際には、両足の範囲内で体をターンさせるイメージになります。

 

逆に下半身の安定を求めすぎてスタンスを広く取りすぎると、体が回りにくくなり、スムーズなスイングがしにくくなります。

 

ボールの位置は、スタンスの真ん中からボール1個分左です。リストは左太ももの内側前で、全体的にゆるやかなハンドファーストの姿勢になります。

 

「ロングアイアン② ボールを無理に上げようとしない」でも言ったように、ロングアイアンは横から払い打つようなイメージでスイングしますが、、ミドルアイアンは僅かに上からボールをヒットするダウンブローのイメージになります。

 

そのためにも、ミドルアイアンではアドレスの段階でハンドファーストに構えて、ダウンブローで打つ準備をしておく必要があるのです。

 

後方から見て、手と体の間隔はナックルが1個半くらい入る広さで、ドライバーと比べると、シャフトが短くなる分だけボールは体に少し近くなります。

 

これが正しいミドルアイアンの正しいアドレスになります。







おすすめゴルフスクール




ライザップゴルフ



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ライザップゴルフってどうなの? TOPへ