ロングアイアン① ダウンブローを意識しない|ゴルフ上達法

ダウンブローを意識せずに、だ円の軌道をイメージする

ゴルフ上達法,練習法

ロングアイアンでは、ボールを左カカト内側線上より、ボール1個分だけ右に寄せてリストの真下に置きます。リストは左太ももの内側前の位置です。

 

正面から見て、シャフトは地面に対してほぼ垂直の角度になり、ハンドファーストにはなりません。

 

 

ロングアイアンでハンドファーストに構えない理由は、ロフトの少ないロングアイアンをハンドファーストにして上からの軌道で振り抜いていくには、相当の体力とヘッドスピードがなければ難しいからです。

 

さらに、ロングアイアンでダウンブローに上から打ち込む意識があると、ロフトが立ちすぎてボールが上がらなかったり、インパクトで詰まってしまいます。

 

ロングアイアンは横に払う「だ円形」の軌道で打ち払うようなイメージでスイングします。

 

そのためには、ダウンブローを意識しないで、横に払い打つことの出来る構えを作る必要があります。

 

まずは背筋に張りを持たせて、ふところを大きく構えます。

 

ボールに向かって低くかがみ込んだりしないで、肩の動きをスムーズにするために、アゴを締めすぎないでわずかに緩めます。

 

こうすることで、左肩がアゴの下に入りやすくなります。

 

後方から見て、手と体の間隔はナックルが1つ半か2つ入る広さです。シャフトを地面に対して垂直にして、ボールを上げやすい構えを作ることを心掛けましょう。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ