アイアンは狙う為のクラブだということを意識しよう|ゴルフ上達法

アイアンは飛距離よりも正確性を重視しよう

ゴルフ上達法,練習法

ゴルフでは、飛距離と正確性は相反する要素となります。

 

飛距離を求めすぎると正確性が損なわれ、逆に正確性だけを求めるとスイングが縮こまって十分な飛距離を得ることが出来なくなります。

 

ゴルフで高いパフォーマンスを獲得するためには、飛距離と正確性どちらか一方を選ぶのではなく、双方の最高点で技術的な折り合いをつけることが重要になります。

 

 

よく、ドライバーもアイアンも同じように振ればいいと言います。決して間違いではありませんが、クラブの形状や長さの差異を考えると、実際に同じスイングをしてはなかなか両方のクラブでナイスショットを続けることは難しくなります。

 

その証拠に、ウッドは調子が良いのにアイアンが全然当たらない日もあれば、逆の日もあります。これは、ゴルフをする人ならば必ず経験することです。

 

これは、それぞれのクラブの目的を理解していないために起こる最も代表的な例です。

 

たとえば、ドライバーで会心の当たりをして、距離の短いセカンドでミスをしてしまうのは、ドライバーショットのイメージが体に残っているために、セカンドのアイアンショットでも同じようにフルスイングしてしまうからです。

 

このようなミスを減らすためには、まずはアイアンショットに求められる目的をしっかり把握する必要があります。

 

アイアンとは決して遠くに飛ばすためのクラブではなく、グリーンというターゲットに向かって正確な距離と方向性を持ってボールを運ぶためのクラブだということをしっかりと認識しておいて下さい。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ