大腿筋を鍛える

椅子を片足ずつまたいで大腿筋を鍛える

バックスイングでは右の大腿筋(足のつけ根の筋肉)を中心に、そしてダウンスイング後は左の大腿筋のつけ根を中心にして身体を回転させます。

 

肩を回すのではなく、左右の大腿筋に重心を入れ替えながら腰をターンさせるのです。

 

そこで、大腿筋を鍛えて腰の回転を滑らかにするトレーニングをご紹介します。

 

あまり高くない椅子を用意し、椅子を片足ずつまたぎます。

 

右ヒザが90度になるくらいまで右足を浮かせ、左方向に動かして椅子を上をまたぎます。

 

このとき、倒れないようにバランスを保ちながら右の股関節だけを旋回させて、右足全体を均等に動かすようにしましょう。

 

逆に、左足で行うときも同じです。

 

大腿筋が太く、お尻りが大きいということは、スポーツ選手にとってのステータス。

 

プロ野球でもパワーヒッターやアベレージヒッターとして安定した成績を残している選手は、お尻が大きいのが特徴と言えます。

 

ゴルフの上達のため、強い下半身つくりをしていきましょう。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ