ストレッチ&トレーニング|ゴルフ上達法

ゴルフの上達に役立つストレッチ&トレーニング

ストレッチ&トレーニング記事一覧

直立したままで、アゴを左右の肩につける

首周りの柔軟性を高めるストレッチを紹介します。ゴルフスイングにおいて中枢となる間接は、股関節と肩甲骨であることはよく知られていますが、首周りや足首も同じくらい重要な間接なのです。特に頸椎は肩甲骨と連動していますから、スムーズな身体の回転を促すためにも、日ごろからストレッチをして首周りの柔軟性を高めて...

≫続きを読む

ベッドの中で両手をグーパーを100回繰り返す

指先の末梢神経を早く覚ますためのトレーニングをしましょう。起きる前にベッドの中ですると、体中の血行が良くなり、早朝のラウンドの日でも身体が暖まった状態でスタートできます。車の運転中に眠くなったときにしても効果があります。両の手のひらをいっぱいに広げてパー、しっかり握りしめてグーをつくる動作を、最初の...

≫続きを読む

手首を強化するストレッチ

水がたっぷり入った500ミリリットルのペットボトルを使用します。片手に1本ずつ持ち、ペットボトルをコッキングの要領で、手首を縦に動かす動作を繰り返しましょう。手首が硬い人は、スイング中にコッキングがスムーズに出来ていないことが考えられます。かなづちで釘を叩くにしてもボールを投げるにしても、手首が固ま...

≫続きを読む

体幹部のトレーニング

体幹部のトレーニングをご紹介します。身体を積み木のように、肩、胸、腰、太モモと分けるようにイメージし、腰の部分だけを動かします。壁の前に立ち、直立姿勢から両手を正面に真っ直ぐ突き出して、両の手のひらを壁にピッタリとつけます。身体は前傾姿勢をとらずに、あくまでも直立姿勢を保ちましょう。そして、腰を左右...

≫続きを読む

スイング強化

次の①から⑤のセットのトレーニングです。全部しなくても、自分の目的に合ったメニューだけを選んでもいいですし、苦手とする部分の強化のために行っても構いません。①ペットボトルを片手に持ち、腕を固定して手首を巻き上げる。握力をつけてグリップ力の強化と手首の力がアップして、スライスを軽減させることが出来ます...

≫続きを読む

大腿筋を鍛える

バックスイングでは右の大腿筋(足のつけ根の筋肉)を中心に、そしてダウンスイング後は左の大腿筋のつけ根を中心にして身体を回転させます。肩を回すのではなく、左右の大腿筋に重心を入れ替えながら腰をターンさせるのです。そこで、大腿筋を鍛えて腰の回転を滑らかにするトレーニングをご紹介します。あまり高くない椅子...

≫続きを読む

足裏の筋力強化

スイングの土台となる足裏の筋力を鍛えるトレーニングです。フローリング等の滑る素材の床にタオルを敷き、裸足になって足の指でタオルをたぐり寄せます。難しくはありませんが、普段あまり使わない筋肉なので、実際にやってみると足裏の筋肉がすぐにツッてしまうかもしれません。これはアドレスのときに、両足の指で地面を...

≫続きを読む

真上にジャンプ!

スイングの動力となるのはヒップターンです。すなわち腰の回転ですが、この回転スピードを上げるには、背筋や腹筋、大腿筋などの瞬発力が必要となります。両足を少し広げて立ち、前屈して両手の先を床に軽くつけた姿勢から、バンザイをするように両腕を真上に伸ばして思い切りジャンプしましょう。胸をしっかり張るようにし...

≫続きを読む

左右にジャンプ!

躍動感のある体重移動をマスターするトレーニングを紹介します。クラブを持たずにアドレスの姿勢をつくったら、右足を浮かせて左足で片足立ちになります。そして両腕を振り上げながら右側にジャンプし、右足を着地させてトップスイングの形をつくります。このとき、左足を浮かせて右足だけで立ちましょう。そこから今度は両...

≫続きを読む

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ