アライメントの練習と確認方法|ゴルフ上達法

ステーションを組んで練習しよう

ボールの位置を正確にするための効果的な練習方法が、足元にクラブを十字に置いて構える練習です。

 

タテのクラブはボールの位置を確認するためのもので、左カカトからクラブヘッド1個分内側に向くようにセットします。

 

横のクラブはアライメントの確認用で、飛球線と平行にセットしてください。

 

つま先、ヒザ、腰、肩が飛球線に対して平行になっているか確認してください。

 

このように、2本のクラブを直角にクロスさせて置いた状態をステーションと呼びます。

 

出来れば、練習場でボールを打つときには可能な限りこのステーションを組んで練習をしてください。

 

そうして常に自分の体の向きとボールの位置を確認してボールを打つ事で、正しいアライメントをとる感覚が磨かれていきます。

体の向きはつま先の向きで決める

アライメントの確認はつま先の線で行います。

 

両方のつま先を結んだ線が飛球線と平行なら正解です。

 

よく左のつま先を開いてアドレスする人がいますが、この場合でも左右のつま先を結んだ線は平行にします。

 

こうすると、カカトを結んだ線は少し右を向きますが、気にしないでください。

 

カカトを平行にあわせると、ヒザが後ろに下がってしまいます。

 

正しいアライメントに重要なのは、つま先、ヒザ、腰、肩が飛球線にたいして平行になっていることです。

 

必ずつま先を基準にして全体の向きを合わせるようにしてください。

 

 

 


ロイヤルコレクション TRI-ONE STICK トライワンスティク スタンダード

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ