アライメントの基準①|ゴルフ上達法

体の向きは飛球線と平行のパラレルレフトが基本

ボールを狙ったところに真っ直ぐ飛ばすには、目標に対して正しい向きで構える事が非常に重要なポイントになります。

 

よくある間違いが、体を目標に向けてしまっているケースです。

 

体を目標に向けて構えると、飛球線はターゲットより右にズレてしまいます。

 

飛球線に対して平行に構えるのが、正しい体の向きだということを覚えておきましょう。

 

正しい向きで構えるには、まず飛球線と平行に足元にクラブを1本置いて、つま先とヒザ、腰、胸、肩すべてが平行=パラレルになるように立ちます。

 

この状態で飛球線後方から見てみると、体はターゲットよりかなり左を向いていることが分かると思います。

 

ボールと体の間に距離がある分だけ、体はターゲットの左側を向くのです。

 

よく、体を目標に向けているケースがありますが、これでは狙ったところにボールを打ち出す事は出来ません。

 

正しい方向にボールを打ち出すためには、体はターゲットに対してかなり左を向いて構える必要があるのだと覚えておいてください。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ