右手だけで素振りしよう

右腕だけの片手素振りで右ヒジと右腰の同調を理解

アプローチウェッジなどのショートアイアンを右手で持ち素振りをしましょう。

 

左手素振りとは違い、右手が利き手の人は右手の力が強いので、速く振ることはできますが、大抵は右手の器用な感覚にまかせて、手先でクラブを操作してしまうことでしょう。

 

ダウンスイングでコックが早くほどけると右手首をこねてしまい、インパクトでロフトが寝てしまう上、スイングが安定せずトップしたりダフったりする危険性が増えます。

 

この練習では、実際のアプローチショットと同じくらいの振り幅でスイングしますが、右ヒジの内側を先行させるイメージでクラブを振りおろすのがポイントです。

 

右の内ヒジをボールのほうに向けるイメージで、右ヒジと右腰を同調させて振り抜きましょう。

 

アドレスしたときの右手首の角度もインパクトで再現されて、インパクト時のロフトのバラツキがなくなります。

 

結果的に飛距離も安定し、フェースが開いたり閉じたりすることもなくなるので方向性も安定します。

 

腰の正しい回転もマスターでき、手打ち防止の効果もあります。

おすすめゴルフ教材

累計販売50,000部突破「ザ・ビジネスゾーン」著者


小原大二郎プロ監修7日間シングルプログラム


1年間100%全額返金保証





7日間シングルプログラム公式サイトへ









ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ