腰の後ろでクラブを押さえてお腹をまわす

腰の後ろでクラブを押さえてお腹を回してみよう

クラブを使ったボディーターン練習法で紹介した、腰を水平回転させる練習のアプローチ版をご紹介します。

 

この練習でもクラブを腰の後ろに当てますが、アドレスと同じ前傾姿勢をつくっておきます。

 

壁や柱にガムテープなどを貼り、アドレスしたときのクラブの高さに印をつけておきましょう。

 

柱の正面で構え、フォロースルーで腰を回転したときに、クラブの端がこの印に当たるか向くようにします。

 

しゃくり打ちになってしまう傾向のある人は、インパクトで右腰が下がるため、印よりもかなり下に向きます。

 

100切りを目指すゴルファーの大半は、印の30センチも下に向いてしまうくらいです。

 

腰を水平に回さない限り、しゃくり打ちになります。

 

右腰が下がるということは、左腰が目標方向にスライドしている証拠です。

 

まず、腰を中心とした体幹部が正しい動きをしなくてはいけません。

 

それに伴い、肩や足が正しく動くのです。

 

肩はアドレスの前傾軸に対して直角の角度をキープして回転することが大切です。

 

身体の中心部の正しい動きをマスターするだけでもアプローチがかなり上達します。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ