ボディーターンのチェック|ゴルフ上達法

おヘソにグリップエンドをつけて素振りする

シャフトの部分を握り、グリップエンドをおヘソ付近につけて、クラブを極端に短く持ちます。

 

そして、グリップエンドがおヘソから離れないようにスイングしましょう。

 

アドレスしたときの両肩と両腕の三角形をキープし、フェースをスクエアに保つのはもちろんですが、肩や腕を動かすことよりも、腰のターンを意識して素振りするのがこの練習のミソです。

 

ボディターンのチェック法といってもいいでしょう。

 

アプローチのスイングですから振り幅は腰くらいの高さで十分です。

 

テークバックでグリップエンドをつけたおヘソを右に回転し、ダウンスイング以降はおヘソが目標を指すくらいまで回転します。

 

こうすると、クラブや両手がつねに身体の正面に保たれることが理解できるはずです。

 

クラブを横に動かしているのは身体の回転によるものであり、腕を横に振ろうとするのは間違いです。

 

クラブを普通に持っているときも、グリップエンドをおヘソにつけているイメージでスイングすれば手打ちがなくなり、アプローチの正確性がぐんと向上します。

 

ドライバーやアイアンのフルスイングもこの動きが基本であることを覚えておいてください。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ