アプローチショットの練習法|ゴルフ上達法

アプローチショットの練習法記事一覧

左手で素振りをしよう

アプローチの練習として、ウェッジを左手だけで持ち素振りをする練習をご紹介します。右手が利き手の人は左手の力が弱いので、左手だけでウェッジなどの重いクラブを持つと速く振れません。そこで、左ワキを意識しつつ、身体と左腕を同時に動かすことを意識してスイングすると、左手だけよりも簡単に振れることが分かるはず...

≫続きを読む

左足一本で立って打ってみる

ドライバーやアイアンのショットではしゃくり打ちにならないのに、アプローチやバンカーでは急にしゃくってしまう人が多くいます。これは球を上げたい気持ちが強く働くために、ダウンスイングで腰がスエーしているからです。腰が目標方向に流れて右肩が下がるために、ボールを下からあおってしまうのです。両足でアドレスを...

≫続きを読む

腰の後ろでクラブを押さえてお腹をまわす

クラブを使ったボディーターン練習法で紹介した、腰を水平回転させる練習のアプローチ版をご紹介します。この練習でもクラブを腰の後ろに当てますが、アドレスと同じ前傾姿勢をつくっておきます。壁や柱にガムテープなどを貼り、アドレスしたときのクラブの高さに印をつけておきましょう。柱の正面で構え、フォロースルーで...

≫続きを読む

右手だけで素振りしよう

アプローチウェッジなどのショートアイアンを右手で持ち素振りをしましょう。左手素振りとは違い、右手が利き手の人は右手の力が強いので、速く振ることはできますが、大抵は右手の器用な感覚にまかせて、手先でクラブを操作してしまうことでしょう。ダウンスイングでコックが早くほどけると右手首をこねてしまい、インパク...

≫続きを読む

ボディーターンのチェック

シャフトの部分を握り、グリップエンドをおヘソ付近につけて、クラブを極端に短く持ちます。そして、グリップエンドがおヘソから離れないようにスイングしましょう。アドレスしたときの両肩と両腕の三角形をキープし、フェースをスクエアに保つのはもちろんですが、肩や腕を動かすことよりも、腰のターンを意識して素振りす...

≫続きを読む

ティッシュを使って軌道チェック

最初に、ティッシュを小さく丸めた玉を4つつくります。そして、クラブヘッドの軌道を挟むような形で4つの玉を並べましょう。自分から見て飛球線の内側の左右2つ、飛球線の外側にも左右2つ置きます。右と左に置く玉と、実際に打つボールとの間隔はワングリップくらい、大体27センチが目安です。飛球線の外側と内側の玉...

≫続きを読む

7番アイアンを使った練習

アプローチの上達には、自分の基準になる距離感や、得意な距離をつくっておくことが重要です。これをマスターしているかどうかが、80切りの決めてとなるといってもいいくらいです。練習時間が限られている人であれば、7番アイアンで10ヤードだけを1週間、アプローチウェッジで30ヤードだけを1週間、そして同じアプ...

≫続きを読む

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ