ゴルフスイング|スイングプレーン

スイングプレーンがあるのはバックスイング側だけ

ゴルフでは、レッスンを受ける際にスイングプレーンという言葉が頻繁に出てきます。

 

スイングプレーンとは「クラブのネックからシャフトの上を通って背中まで伸びた1本の線」を指します。

 

つまり、シャフトプレーン=構えたときのシャフトの角度がスイングプレーンです。

 

バックスイングでは、ハーフウェイの高さまでクラブがプレーン上に動き、その先はやや斜め上の高い位置にあがってトップにおさまります。

 

ダウンスイングでは、なるべく早くクラブをプレーン上に戻すことが大切です。

 

早く戻せるほどヘッドのパワーをボールに伝える事ができ、さらに目標に対して正確にクラブを振り抜くことが出来ます。

 

シャフトプレーンはバックスイング側にしかありません。

 

クラブの軌道は体の右側=バックスイング〜インパクトまでで決まってしまいます。

 

スイングは、アドレスで出来たシャフトプレーンに対して、インパクトまでいかにそのプレーン上にクラブを持っていくかが大切なポイントになります。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


プレーンは体の右側だけにある

チェックポイントは右ヒジ