ゴルフスイング|トップスイング

左手首の角度を保とう

ゴルフスイング,基本,バックスイング

手首が甲側に折れるとスライス
伸びてしまうとフックが出やすくなります

 

トップでは手首の角度にも注意が必要です。

 

トップで左の手首が甲側に折れてしまう状態を「カップ」といいます。

 

カップになるとフェース面が地面と垂直になり、思い切り開いた状態になります。

 

これではオープンフェースのままインパクトを迎え、スライスが出やすくなってしまいます。

 

逆に、左手首が伸びて丸みが出ている状態は「ボード」や「アーチ」と呼びます。

 

これはフェースが空を向くシャットフェースになっている状態で、このまま打つとフック系の球筋が出やすくなります。

 

左の手首は、アドレスした時の角度を保ったままクラブをトップまで上げるのが理想です。

 

これが出来るとトップでもフェースがスクエアになり、ストレートな球筋が出やすくなるので、スイング中の左手首の角度にも注意してください。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ