ゴルフバックスイング|シャフト向き

トップでは左前腕とシャフトが一直線に

トップ・オブ・スイングでは、伸びた左腕とシャフトが一直線になっているのが理想です。

 

腕とクラブがまっすぐな位置関係にあれば、そのままの形でスムーズにダウンスイングを行う事ができます。

 

余計な動きをする必要がないので、素早くスイングプレーンにクラブを戻してくることができるのです。

 

クラブをスイングプレーン上に素早く戻す事で、ヘッドが自然に加速し、ボールを正確に捉えることもできるようになります。

 

このトップで左腕がしっかりと伸びているかも、鏡でチェックしながら練習を行ってください。

クロスラインではダウンでシャフトがねじれてしまいます

大多数のゴルファーは、トップで左腕とシャフトが一直線にならずに、クロスラインになってしまっています。

 

クロスラインとはシャフトがターゲットより右を向いてしまっている状態のことです。

 

こうなるとダウンでシャフトがインサイドに入り、いわゆる「クラブが寝ている」状態になってしまいます。

 

これではヘッドが下から入ったり、フェースが開いたりしてしまいます。

 

これを嫌ってクラブを上から入れようとすると、今度はアウトサイドからクラブが下りてきてヒッカケやシャンクなどのミスが出始めます。

 

トップでシャフトがクロスする動きは絶対に避けてください。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ