ゴルフバックスイング|トップの作り方

クラブを上げながら手を体から離していく

ゴルフスイング,基本,バックスイング

正しい動きを理解できたら、その動きを徐々に大きくしていきます。

 

理想的なバックスイングを
「大きくて理想的なトップ」につなげていくのです。

 

そのためのドリルをご紹介します。

 

まず、グリップエンドをオヘソにつけて構え、バックスイングを始めます。

 

これで、体とクラブの動きが連動する正しい動きを覚える事ができますが、そのままグリップエンドをオヘソにつけたままだと、手が体に近すぎる窮屈なバックスイングになってしまいます。

 

大きなトップをつくるために、バックスイングの途中、クラブが腰の高さに上がって水平になるところを目安ににして、手とクラブをオヘソから遠くに離していきましょう。

 

手が離れる事をおそれずに、弾くようなイメージでクラブを体から離してあげてください。

 

こうすると、手を体の距離が大きくなり、「大きくて理想的なトップ」が作れるようになります。

 

これは、大きく飛ばすための重要な要素の1つでもあります。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ