ゴルフバックスイング|ハーフウェイ

正しい上げ方のチェックポイント

ゴルフスイング,基本,バックスイング

スイングにはハーフ・ウェイと呼ばれるポイントがあります。

 

バックスイングの時にシャフトが地面と平行になるまで動いた位置が、このハーフ・ウェイと呼ばれるポジションになります。

 

このハーフ・ウェイが、バックスイングを正しく上げれているかの大事なチェックポイントになります。

 

バックスイングがハーフ・ウェイまで上がったとき、シャフトは飛球線に対して平行になっているはずです。

 

そして、飛球線後方から見て、手とクラブが重なっていれば正しい動きが出来ている証拠です。

 

この時にリーディーングエッジは背骨の角度とほぼ平行になっているのが理想です。

 

ただし、グリップの握り方に個人差が出てきますので、絶対に平行でなければならないということはありません。

 

この時に、フェースが閉じてしまい下を向いているとシャット・フェースで、リーディングエッジが垂直以上に傾き、フェース面が空を向いてしまっていたらオープン・フェースになってしまっています。

 

あくまでも、フェース面の角度は背骨の角度とほぼ平行になってるのがバックスイングで正しくクラブを上げれている目安です。

 

明らかな閉じすぎや開きすぎにならないように注意しましょう。

左手の親指がシャフトの真上にあれば正解

ハーフ・ウェイでのフェース面の向きは、練習でゆっくりと覚えていきましょう。

 

練習場でボールを打つときなどは、鏡を見ながらクラブヘッドの位置、フェース面と背骨の角度の関係などが正しい形になるように常にチェックしてください。

 

スイング中は、ハーフ・ウェイでは左手の親指はシャフトの真上で、トップ・オブ・スイングではシャフトの真下にきます。

 

この感覚をスイング中に感じることが出来れば、バックスイングは自然といい方向にあがり、手首の形なども同時に理想的な形になっていきます。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ