ゴルフスイング|正しい腕の動き

クラブを正面からのコッキングだけで動かす

スイングは腕を横に振るように見えますが、それは違います。

 

コッキングのマスター方法でも説明したように、

 

ゴルフのスイングとは腕を縦に振り、身体を横に回転させる2つの動作が合わさったものです。

 

そこで、90切りを目指す人は腕の正しい動きを徹底マスターしておきましょう。

 

まず、クラブを持ち通常のアドレスを取ります。

 

クラブは7番アイアンくらいがよいでしょう。

 

その位置から、クラブを右肩の上に担ぎ上げます。

 

そこから上体を右に90度回せばトップスイングの理想形がつくれます。

 

クラブを元のアドレスの位置戻し、今度はクラブを左肩の上に担ぎ上げて、状態を左に90度ターンするとフィニッシュの形となります。

 

腕はコッキングを使い、V字を描くように縦に振るだけなのです。

 

これに身体の回転が加われば、正しいトップスイングとフィニッシュがつくれます。

 

「1」でクラブを右肩に担ぎ上げ、「2」で身体を左にターンし、「3」で元に戻して、「4」で左肩の上に担ぎ上げ、「5」で左にターンという具合に繰り返し練習すると、スイングのリズムも整ってきます。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ