ゴルフスイング|ゴルフ上達

フライパンを持ち、クッションの上で素振りする

フライパンで素振りしようで紹介したフライパン素振りの上級バージョンです。

 

クッションを4つ折にして、両足を揃えてその上に立ちます。

 

足場が不安定な状況を最初からつくっておくことで、スイングの軸を安定させる練習です。

 

上体が前後左右に流れては、簡単に身体のバランスが崩れてしまいます。

 

体重移動を使わないようにし、スイング軸が左右に動かないように注意して身体を回転させましょう。

 

フライパンは重量があるので、スイング軸とフライパンが引っ張り合う感覚がつかめます。

 

フライパンが遠くに向かおうとする遠心力と、フライパンが遠くに行こうとする力を手前に引き寄せる向心力のバランスによってスイング軸が安定するのです。

 

最初は小さめ振り幅からスタートし、最終的にはスリークォータースイングまで降り幅を大きくしましょう。

 

慣れてきたら、両足を肩幅くらいに広げて、2つのクッションの上に足を片方ずつ乗せて素振りをする練習も効果的です。

 

バンカーや傾斜地など足場が不安定な場面のショットにも強くなります。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ