ゴルフスイング|ゴルフ上達

割り箸を口にくわえてスイングする

ミート率を上げるには、スイングの軸を安定させることが重要です。

 

スイング軸が安定しない人にとくに多く見られる症状として、バックスイングで腰や右ヒザがスエーして状態が左に傾く、ダウンスイングで状態が突っ込んでしまう、身体が早く開いてヘッドアップする、などがあります。

 

こうした症状を修正するには、ティーや割り箸を口にくわえてスイングしましょう。

 

ティーよりも長さのある割り箸の方がとくに効果的です。

 

割り箸をボールのほうに向けて構えて、割り箸をボールに向けたままでクラブを振り抜きます。

 

顔をいつまでも真下に向けたままでは身体の回転が途中で止まってしまいますから、クラブヘッドがインパクト地点を通過するまでは割り箸を下に向けておき、フォロースルーで両手が胸くらいの高さに上がったところから、肩の回転にしたがって顔を目標のほうに向けるようにしましょう。

 

これは100ヤード以上のフルショットのイメージ練習で、ヘッドアップの防止やスイング軸の安定化に役立ちます。

 

練習場でボールを打つときも、割り箸を口にくわえるとスイング軸を意識しやすく、スイング中に頭が前後上下に動くことがなくなります。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ