ゴルフスイング|コッキング

ハンガーごと両手をグリップし、正しいコッキングを知る

ここではクラブの代わりにハンガーで素振りをする練習です。

 

ハンガーのズボンをかける部分を両手でグリップし、フックの部分を自分のほうに向けて持ちます。

 

スライスする人は大抵トップスイングやインパクト、フォロースルーで左手首が甲側に折れています。

 

ハンガーを持って素振りをしてみると、スイング中にハンガーのフックが右手首に当たってしまいます。

 

フックが両手首に当たらないように注意しながら素振りをしてみましょう。

 

そのためには、手首を縦に折るようにすること。

 

両手首を甲側にも手のひら側にも折らないで、親指側に折るのが正しいリストワークです。

 

これがコッキングの基本動作であり、クラブを正しい軌道に乗せるための大切なポイントなのです。

 

スイングとは、腕を縦に振る動作と身体を回転する動作を合わせたものです。

 

腕も、横に振るのではなくコッキングを使って縦に振る感覚です。

 

ハンガーを使えば、この正しいコッキングが簡単に身に付けられます。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ