ゴルフスイング|アドレスの体重配分

左右の配分は50:50が理想的

アドレスした時のウエイト配分は50:50が理想です。

 

しかし、正しくアドレスをとると首の位置は体の中央よりもやや右にくるので、実際には52:48くらいの割合で体重は右に多くかかります。

 

この程度の偏りだと、感覚的にはウエイト配分は50:50くらいに感じるはずです。

 

もし右足に体重がかかっていると感じるなら、それはかなり多めに体重が右足にかかってる証拠です。

 

そういう時は、少し上体をひねって左足に体重を持っていき、ウエイトの配分が50:50の状態にしてください。

 

理想的なウエイト配分を作りためにも、グリップはかならず体の中心よりもやや左側でグリップしましょう。

 

頭が右側にある状態でグリップまで右に来ると、なおさら右足体重のアドレスになってしまいます。

 

このように、左右のウエイト配分の感覚は非常に微妙なものです。

 

常にチェックを怠らず、偏った姿勢にならないように注意してください。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ