ゴルフスイング|スタンスの幅

体の一番太いパーツに揃える

しっかりしたアドレスを作ることは、良いスイングをするための非常に大切なポイントです。

 

アドレスには土台をしっかりとかためて高い安定性を得ると度維持に、スイングの際には体がスムーズな動きが出来る事も求められます。

 

しっかりしていて動ききやすい。この2つの条件を満たすアドレスを作ることが、ナイスショットを放つための第一条件です。

 

正しいアドレスを作る練習をするには、ショットの基準となるミドルアイアンで行うのがおすすめです。

 

まずは、正しいスタンスの幅を決めましょう。

 

そのためには、アドレスをする時のスタンス幅は、必ず自分の体の一番太いパーツで合わせましょう。

 

一般的な日本人の体型なら、一番太いのは肩幅です。

 

スタンスをとるときは必ず肩幅に合わせることを心掛けましょう。

 

肩幅で構えると安定感が出ます。肩より幅の細い腰が、構えた場所から左右にぶれても体がグラつかないからです。

 

もし、肩幅よりもヒップや腰が太ければ、その部分に合わせてスタンスをとりましょう。

 

良く見かけるのが、体の一番太いパーツよりも広い幅でスタンスを取っているケースです。

 

これでは体の自由がきかずに、スムーズなスイングをすることが出来なくなってしまうので、スタンスは必ず体の一番太いパーツに合わせるようにしましょう。

 

 

 

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ