ゴルフスイング|パッティングの練習法

ティーを立てて50センチから徐々に離れる

パッティングの打ち出し方向を安定させる練習をご紹介します。

 

練習グリーンであればティーを刺すといいのですが、室内で練習するなら50センチ先にティーを逆さに立てましょう。

 

そして、50センチの距離からボールをティーに当てて、当ったら10センチ刻みで距離を伸ばしていきます。

 

これは方向を合わせる練習なので、多少強めにヒットしても構いません。

 

どのくらいまで離れてもティーに当てられるか、毎日の記録をつけておくことをお勧めします。

 

最高記録地点にテープを貼り、日付を記入して、練習するたびに記録更新を目指し、最高記録が少しずつ伸びていくと楽しみ倍増です。

 

フローリングにしても、パターマットの上で転がすにしても、ティーのように細いものを立てるようにしましょう。

 

パッティングの場合、方向を合わせるには最初の50センチが肝心です。

 

50センチ先のティーを倒せるようになれば、1メートルでも3メートルでもそれほど方向が狂わないことが理解できます。

 

だからこそ、細いものに確実に当てられるようにレベルアップを目指して欲しいのです。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ