ゴルフスイング|パッティングの練習法

正座してショルダーストロークを体感しよう

パッティングのストロークでは、両ヒザを動かしたり、肩を横に回転させたり、手首をこねたりするのはタブーです。

 

ところが、立ったままの姿勢では自分の気付かないうちに下半身が動いたり、手先を使ったりしがちです。

 

そこで、パターを持たずに、正座して素振りしてみましょう。

 

この体制でストロークしようと思えば、体幹を動かすしかありません。

 

腹筋で肩を動かすのが、正座ストロークのポイントです。

 

ちょうどみぞおちのところを小さく動かして、肩を縦に動かすのです。

 

どんなに小さな振り幅でも、体幹を使ってストロークするのがパッティングの基本です。

 

1メートルのショートパットでは手首をこねて打ってもそこそこカップインする可能性はありますが、3メートル、5メートルと距離が長くなると、カップインするのはほとんどマグレとなってしまいます。

 

体幹を動かしてパターを振ることを覚えれば、ストローク軌道やフェース面のブレがなくなり、ショートパットはかなりの確率で入るようになり、ロングパットでもカップの近くに確実に寄せられるようになります。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ