ゴルフスイング|パッティングの練習法

パットの名手の共通ポイントを理解しましょう

「パッティングに型なし」と言いますが、パットの名手のパッティングを分析すると、2つの共通点があることが分かります。

 

それは、アイズラインとパッティングラインを重ねていることと、顔の面を地面と平行にセットしていることです。

 

アイズラインとは両目を結ぶ線です。

 

このアイズラインが右に傾くと肩や腰も右を向いてしまいます。

 

内耳に三半規管があるので、首が傾いてしまっては平衡感覚が保ちにくく、イメージ通りのストロークがしづらいのです。

 

顔の左右の傾きをなくし、両目をラインの真上に重ねれば、肩や腰も正しくセットできます。

 

そのためにも、ボールは左目の真下ではなく、眉間の真下に置くのが理にかなっています。

 

また、上体が起きすぎているために、下目使いにボールを見るのも避けましょう。

 

尾崎将司選手やタイガー・ウッズ選手のように前傾姿勢が浅い選手も、屈んで構える選手も、顔だけを見ると顔面が地面と平行に近くなっています。

 

これは、ラインを直視したいからです。

 

この2点だけを真似すれば、あとは自分のオリジナルのアドレスで構わないでしょう。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ