ゴルフスイング|パッティングの練習法

フェースのトゥとヒールにティを貼る

パッティングにおけるアライメントの練習法です。

 

アライメントとは方向のことで、グリップ、アドレスと並ぶ重要な項目でありながら、ほとんどのアマチュアがチェックを忘れているのが現状です。

 

パット数が多すぎてグリーン上で大叩きしているために100が切れないという人は、大半はアライメントのミスが原因なのです。

 

そこでセロテープを用意し、両面テープみたいにして、パターのフェース面のトゥ寄りとヒール寄りにティを貼りつけましょう。

 

2本のティの間隔は、余裕を持ってボールをヒットできるくらいの幅を持たせておきます。

 

構えたときにフェース面から2本の角が生えているように見えますから、フェースの向きを簡単にチェックできます。

 

そのまま球を打てばストローク中にフェースが閉じたり開いたりしていないかも一目瞭然です。

 

この練習でフェースをスクエアにセットし、ストローク中もフェース面を変えないで振るコツをつかんでください。

 

正しいストロークが身につき、芯で打てるようになります。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ