ゴルフスイング|パッティングの練習法

両腕を広げて、両手を上下させてみよう

ドライバーやアイアンなどのショットにおいては、身体が横に回転する動きと腕を縦に振る動きが複合します。

 

ただし、パッティングのように振り幅が小さい場合は、肩を振り子のように動かすショルダーターンが中心です。

 

ここで、勘違いしてはいけないのは、パッティングにおいて肩は横に回すのではなく、縦に動かすイメージが大事だということです。

 

フェースを開いて閉じるオープン・トゥ・クローズは、フェース面をまっすぐ保てません。

 

軌道がインサイドインにもなるために、インパクトが「点」になってしまいます。

 

パッティングでは、できるだけストレートに振るのが基本であり、それによってインパクトが「線」になり、フェースをスクエアに保てる時間が長くなるのです。

 

パターを持たずに両手を水平に広げて、両手を上下させてみましょう。

 

こうすると肩を縦に動かす感覚がよく分かります。

 

パターを両手に持ったときも、同じように肩を縦に上下させるイメージでストロークすれば、フェースが開いたり閉じたりせず、しかもストレートな軌道で振れるようになり、パッティングの正確性がアップします。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ