ゴルフスイング|パッティングの練習法

両手をグリップいっぱいに離して持つ

両手を離してグリップすると、距離感や方向性を出しやすくなります。

 

例えば、屈んだ姿勢でシャフトのヘッド側を右手で持ち、左手でグリップを持って、両手を極端に離して振ってみると、距離感や方向を合わせやすいことが良く分かります。

 

長尺パターのように、両手を離して持つイメージがあるので、クラブを取り回しやすいわけです。

 

100がなかなか切れない人や、「どうしても距離感が合わない」とか「方向がズレてしまう」などと感じたときは、両手を離してグリップしてみると修正しやすいのです。

 

プロは両手を詰めて握る人が大半ですが、これはパターヘッドの慣性を利用してパターを振ろうとするためで、ショルダーストロークを完全にマスターできている人が実践すべきことです。

 

しかし、フェースが開いたり閉じたり、ストローク軌道が安定しない人は、ある程度の調整をするために、両手を離してみるのも1つの方法です。

 

手や指先から情報が伝わりやすく、ちょっとした小細工もしやすくなります。

 

パッティングの上達練習法というより、調子が悪いときの調整法として覚えておきましょう。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ