ゴルフスイング|パッティングの練習法

ドライバーのグリップエンドをみぞおちに当てる

パッティングのストロークを安定させるための練習をご紹介します。

 

ドライバーのシャフトを握り、グリップエンドをみぞおちに軽く当てて構えます。

 

そして、みぞおちを左右に小さく動かしてパターのように振ってみましょう。

 

ストローク軌道のブレやフェースの向きに狂いがあると、インパクトでフェースが開いたり閉じたりして、ボールをカップの右に押し出したり、左に引っ掛けたりするミスが多発します。

 

手首をこねては方向性が極端に悪くなりますから、手首を完全に固定してショルダーストロークを心がけることが大切です。

 

と言っても、この練習では肩の動きよりもグリップエンドを当てたみぞおちを意識してストロークするのがポイントです。

 

ストロークの支点をイメージしやすく、みぞおちと両手を結び付けて考えれば、手の無駄な動きを完全にシャットアウトできることが分かります。

 

パターを持つときも、グリップエンドをみぞおちにつけているイメージでストロークしましょう。

 

体幹が使えるようになり手打ちのミスを防げるようになります。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ