ゴルフスイング|ゴルフ上達

スイング中の右腕の役割を理解しよう!

ゴルフスイング,基本,上達

スイング中の右腕の役割を知るには、まずは右腕だけで素振りするのがおすすめです。左腕と違い、シャフト寄りの位置を短く持って右腕だけでクラブを振ります。

 

右肩を中心にして右腕だけでクラブを振りますが、トップは左腕のときよりも大きくとれます。

 

 

 

ダウンでは体重を左足に乗せていき、右手にクラブの重みを感じながら、ゆっくりと振り下ろしていきましょう。ここで左腕のときには頭を上げてもかまわないのですが、右腕の時は頭をすぐに上げないで残します。

 

フォローの初期まで顔は確実にボールを見下ろすようにしましょう。

 

その理由は、右腕で打つ場合は、顔を早く上げてしまうと左腰が引ける動きになりやすいからです。

 

左腕はインパクトまではスイングをリードし、フォローではクラブを上げる役目でしたが、右腕はインパクトで逆に押す働きをします。左腕がリードしてくれた軌道の上に、右腕でボールを押し込んでいくのです。

 

そのためには、顔はボールよりも後ろの位置に残っていなければならないからです。

 

その後、右肩のターンを中心にして、左足に体重を乗せながら左腕以上に右腕を伸ばしていくのです。そうすることによって、横に長い軌道のフォローになり、大きなフィニッシュへと続けていけるのです。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ