ゴルフスイング|ゴルフ上達

よくあるミスの原因と対策記事一覧

スイング軌道が安定しない

再現性の高いスイングをしたければ、軸の安定化が絶対条件になります。そのためには、アドレスで作った前傾角度をいかに保つかが大きなポイントになってきます。ゴルフスイングとは、背骨を中心軸にした回転運動ですが、アドレスで上体を傾けて前傾角度ができるため、中心軸は上体を倒した分だけ斜め前に傾き、垂直にはなり...

≫続きを読む

バランスよくスイング出来ない

ゴルフスイングの軌道はよく円に例えられますが、厳密に言えば若干横長の楕円形になり、その度合いはクラブが長くなればなるだけ大きくなります。スイング中の体の動きが完全に左右対称になれば、スイング軌道も完全な円にはなりますが、実際には、クラブを振ることによって遠心力が生まれるため、完全に左右対称のスイング...

≫続きを読む

ナイスショットが続かない

リズム感は、安定したスイングをするうえで非常に大切な要素になります。スイングに一定のリズム感がないと、ボールを打るごとにスイングのタイミングが変わってしまい、安定したスイングをする事が出来ません。それではナイスショットの確率を高める事も難しくなってしまいます。良く見るのが、バックススイングを勢いよく...

≫続きを読む

左腕が上手く使えない

ゴルフスイングでは、左腕はスイングのリードと方向性を出す役目をはたしています。ダウンスイングでは、左腕のリードでクラブの重さを感じながら下していきますが、この時に左手首の形を変えずにアドレスの位置にクラブを戻せば、フェースは正しく目標方向を向いて戻ってきます。さらに、忘れてはならない左腕のもう一つの...

≫続きを読む

右腕の使い方が分からない

スイング中の右腕の役割を知るには、まずは右腕だけで素振りするのがおすすめです。左腕と違い、シャフト寄りの位置を短く持って右腕だけでクラブを振ります。右肩を中心にして右腕だけでクラブを振りますが、トップは左腕のときよりも大きくとれます。ダウンでは体重を左足に乗せていき、右手にクラブの重みを感じながら、...

≫続きを読む

ボディーターンを意識するとスライスが出る

最近のゴルフスイングはよく『ボディーターン式スイング』と言われますが、このボディーターンを意識しすぎると思わぬ落とし穴にはまります。仮にあなたがスライサーだとして、そこに手に頼らず、体を大きくターンさせるスイングを取り入れたとします。しかし、もしスライサーが体の回転を重視したスイングをすると、スライ...

≫続きを読む

スイングがアウトサイド・インの軌道になり、スライスが止まらない

スイング中の腕の振りがアウトサイド・インのスライス軌道になるのは、右肩や右ひざが前に出て左腰が引けて、左足親指のつけ根の踏ん張りが効いていないからです。ダウンスイングの初期で左への体重移動をあまりに急に行うと、左足で体重を支えきれずに左ひざも外に逃げてしまいます。ダウンスイングは左下半身から始動しま...

≫続きを読む

大きなフックが止まらない

フックの原因として考えられるのが、インサイド・アウトのスイング軌道です。飛球線上にあるボールに対して、その内側のエリアで中から外へとクラブを振るから、フックスピンがかかるのです。卓球のドライヴに例えると、ラケットを下から上、中から外へと振ると、強いスピンがかかりますが、ゴルフにおけるフックのミスも同...

≫続きを読む

ミート率が低くて安定しない

芯に当たらない、ミート率が低いなどは、練習や経験不足からくることが多いのですが、ある程度のキャリアを積んでさえ、器用な手の頼ってボールに合わせようとする人は少なくありません。器用な腕で余計な動きをすると、かえって芯を捉えにくく、さらに癖のついたスイングを固めてしまう可能性もあります。芯に当たる確率が...

≫続きを読む

ダフリのミスが直らない

ゴルフでのミスショットは全て余計な力みからくると思ってよいのですが、ダフリのミスも例外ではありません。しかも、ダフリのミスが出るということは、スイングが悪いといってもいいような状態です。というのは、ダフリが出るという事は、背骨を軸とした体の回転が出来ていないということだからです。トップで左肩が落ちて...

≫続きを読む

飛ばしたいときに限ってテンプラが出る

ここ一番で飛距離を出したいときに限って出やすいのがテンプラのミスで、ボールが高く上がるだけで飛距離がまったく出ません。なぜテンプラのミスが出るかというと、腕に頼ったスイングするから、クラブが急角度で下りてきてフェースがかぶって当たるのですが、この時にフェースの上部にボールが当たってしまい、強烈なバッ...

≫続きを読む

ハーフトップの修正方法

ハーフトップは、インパクトでのフェースへの当たりが薄いために起きるミスで、ボールがフェースの下部に当たり、低くランの多い球筋になります。もっと極端な場合には、リーディングエッジの部分でボールの頭を叩くトップになることもあります。ハーフトップのミスの原因は、スイング中に軸が左に流される事にあります。と...

≫続きを読む

バックスイングで軸がずれて、芯でボールをヒットできない

バックスイングで肩を水平に回そうとして上体が浮き上がり、軸がブレたままスイングしている人を練習場などでよく目にします。肩の回転に関して、勘違いししている人は非常に多いのですが、スイング中に肩は地面と水平に回っては行けないということを、よく覚えておいて下さい。地面と水平に肩を回すということは、スイング...

≫続きを読む

アイアンショットの球筋が安定しない

アイアンでのスイング軌道は、アッパー気味にボールをとらえるウッドと違い、基本的にはダウンブローのスイング軌道となります。アイアンショットではダウンブローでヘッドにボールが当たってから、ターフを削り取っていきます。それによってロフト通りの高さの球筋になるのです。ただし、最近のアイアンは球が上がりやすい...

≫続きを読む

インパクトゾーンが短く、方向性も悪い

アイアンショットは基本的にダウンブローのスイング軌道になりますが、ダウンブローはインパクトの後に、いかにフォローを長く取るかが大事なポイントになります。インパクトでボールを捉えた直後のヘッドスピードが落ちるようなスイングでは、クラブを大きく振り抜いていけないからです。トップを大きく取りすぎて、インパ...

≫続きを読む

ボールを上げようとして打ち損ねる

アイアンショットの代表的なミスに、ボールを上げようとして起こる打ち損ねがあります。芝の上にあるボールを自分で上げようとするため、両腕でしゃくり上げるような動きをして、このためスイングを壊してしまうのです。スイングにボールを上げようとする動作が加わると、両肘が曲がり、クラブを持ち上げるような姿勢になっ...

≫続きを読む

スイング中にクラブが体の正面から外れる

スイング中、クラブはいつも体の正面に位置するのが正しい動きです。つまり、クラブと体はお互いにリンクし合いながらスイングを作っているのですが、どちらかが先行したり遅れたりすると、インパクトでフェースの向きが大きくく狂ってしまいます。テークバックで、シャフトが地面と平行になってからトップに向かうとき、ク...

≫続きを読む

左腰が逃げてスライスが出てしまう

スライスのミスの2大要因は、インパクトでのフェースの開きと、アウトサイド・インのスイング軌道にあります。外から中へのアウトサイド・インのスイング軌道になると、フェースでボールを斜めにカットする打ち方になって、ボールに右回転を与えてしまい、スライスボールが出ます。さらに、フェースの開きが加わると、ボー...

≫続きを読む

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ