ゴルフスイング|グリップの握る感覚

ペンを握り、指先に近いところで握る感覚をチェック

握り方は、フィンガーグリップで握るのが基本です。

 

手のひらで握るのではなく、両手とも人差し指から小指の付け根を結ぶラインにグリップを当てるようにして、指先でグリップをしっかり巻きつけるように握りましょう。

 

なぜフィンガーグリップに握るのかというと、その方がスナップを利かせやすいからです。

 

例えば、野球ボールを投げるときも、必ず指先でボールを持つでしょう。

 

手のひらでワシ掴みにすると、手首やヒジなどの間接がうまく使えず投げにくいのです。

 

間接からなるべく遠くの位置、つまり指先に近いところで持つ方が、間接をうまく使えてスナップも利かせやすいのです。

 

このように、スナップを利かせるのはスポーツの共通点でもあります。

 

クラブの代わりに、ペンや割り箸などの細いものを両手で持ってみましょう。

 

細いため、手のひらで握ると、手の中で隙間ができてしまいフィット感が損なわれます。

 

指先で握り、両手に隙間ができないようにするのがポイントです。

 

指と指の間を空けずに握り、両手を詰める感じです。

 

クラブのシャフト部分を握ってみるのも良いでしょう。

 

 

 

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ