ゴルフスイング|グリップの握り方

長く握ると、ショットのコントロールが出来なくなります。

ゴルフスイング,基本,上達

ゴルフのグリップは、握る形だけではなく、

長さにも基本が存在します。

 

グリップした時に、グリップエンドの角に触れるほど長く握ってはいけません。

 

左手の手の平や小指がグリップエンドの角に触れるほど長く握ると、クラブのコントロールがしづらくなってしまいます。

 

小指側のグリップの力が弱くなり、スイング中にフェースが開きやすくなってしまうのです。

 

グリップをする際には、グリップエンドの角の部分に触れないように、少し余裕を持たせて握るのが基本になります。

 

こうする事で、小指がグリップ全体にしっかりとかかって、スイング中にグリップが緩まなくなるのです。

 

 

 

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ