ゴルフスイング|大きなフォロー

目標と握手するイメージが大きなフォローを作る

ゴルフスイング,ドライバー

インパクトまでは、アドレスでクラブをグリップしたときに出来た右手首の角度を保ちながらスイングします。

 

この形が崩れて、逆に内側に折れた形になってしまうと、
さまざまなミスが出始めます。

 

 

多くの場合は、ボールを手ですくいあげるような形になり、ヘッドが前へ出ずにボールを弾き飛ばすような、いわゆるタメのある飛ばせるスイングができなくなります。

 

バックスイングから切り返しにかけて溜めたパワーを、上手くリリース(解放)することができなくなるのです。

 

バックスイングから切り返しにかけて溜めたパワーを上手くボールに伝えるためには、インパクトからフォローにかけて、手とクラブの関係を逆転させる必要があります。

 

つまり、ダウンスイングでクラブより手が先行しているのに対して、フォローでは逆にヘッドを前へ前へと出していくのです。

 

体の右サイドで溜めたパワーを、手とクラブを入れ替えることによって、フォローで解放していくのです。

 

この動きは、体の回転に引っ張られて腕が下りてくれば自然に行われるのですが、ここでは意識的にリリースを強調した動きを試したいと思います。

 

まずは普通にアドレスをとり、スイングを始めます。そしてインパクトの瞬間に左腕を止めてみてください。

 

腕はアドレスの位置に止まりますが、クラブは遠心力が働いてインパクトでは止まらずに、目標方向へ出ていくはずです。

 

この時に、左のワキが軽くしまり、右腕は伸びているように心がけてください。

 

こうすれば、止まった左腕を右腕が追い越していき、さらに右手のひらを目標と握手するように向けると、ヘッドが目標方向に大きく出て、クラブが走っていく感覚を体感することができます。

 

このクラブを手の関係を作ることができれば、ヘッドが走り大きなフォローをとることができるようになるはずです。

 

 

 

フォローでは、右腕を内側にひねりながらまっすぐに伸ばしていきましょう。

 

この時に、右手で目標と握手する形ができれば、理想的なフォローをとることができます。


ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ