ゴルフスイング|アドレスの手順

プレショット・ルーティーン

アドレスに入る手順は人それぞれですが、共通しているのが、つねに一定の動作で行うプレショット・ルーティーンです。

 

スイングそのものが大事なのはいうまでもありませんが、このプレショット・ルーティーンもショットの成功率を高めるのに絶大な効果を発揮します。

 

プレショット・ルーティーンには打つ前の動作を一定にすることによって、
いつも同じ構えができ、目標に向かって正しく立てるというメリットがあります。

 

さらに、いつもの慣れた動作をとることによって、ショットへのプレッシャーも和らげることが出来るのです。自分の行うべき動作をあらかじめ決めておけば、プレッシャーはかなり押さえることが出来るでしょう。

 

この効果を踏まえたうえで、オススメのプレショット・ルーティーンの手順をご紹介します。

 

まずティーアップしたら、ボールの後方に下がって目標や目標線を確認します。同時にナイスショットやどんな球筋を打つのか、球の高さを明確にイメージします。この時点で不安があるようでは、ショットの成功率を高めることは出来ません。

 

これからのショットに気持ちを集中させ、ナイスショットしたときのボールの飛んでいく弾道を頭の中に思い描きましょう。ここで素振りをしておくのもオススメです。

 

次に、右手にクラブを持ちながらボールの位置に戻ります。右手でクラブを持つのは、このほうがグリップしやすく、クラブを目標に合わせやすいからです。

 

ボールの前に戻ったら、右足のだいたいの位置を決めて、右腕を伸ばしてフェースを目標に対してスクエアにあわせます。

 

次に左足の位置を決めてからグリップします。最期に両足の位置の調整をして最終のアドレスを完成させます。

 

素振りの時間を入れても、この間はだいたい15秒ほどですが、この動作が実際のスイングを同じくらい重要な要素になります。

 

ショットの前の動作を一定にすることで、どんな状況でもいつも同じアドレスをとることが出来るのです。

 

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


構える手順をいつも一定に

なぜ手打ちでは飛ばないのか
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
飛距離のカギはヘッドスピード
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
右腕のパワーを使い切る
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
自分のスイングタイプを知ろう
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
体重は右に残る
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
腕や肩の力みは厳禁
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
腕と体の動きを一致させる
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
足を使いすぎるとスイングが緩む
アドレスしたときのベストバランス
ドライバーはアッパー軌道で飛ばす
体とボールの正しい間隔は