ゴルフスイング|体重移動

ボールに体重が乗れば大きく飛ぶ

自分の体重がしっかりと乗ったボールは、軽くクラブを振っているように見えても意外なほど飛んでいくものです。

 

では、この「体重の乗ったボール」とは具体的にどのようなものなのでしょう。

 

ゴルフ以外の球技にもたびたび用いられる表現ですが、感覚的なものだけにいまいち掴みにくい表現でもあります。

 

ゴルフでこの体重ののったボールを打とうとしてよく起きる間違いが、トップからの切り返しの瞬間に、体重が一気に左サイドへ乗ってしまうことです。

 

これでは、体の重心が前に突っ込んでしまう、腕を思い切って振り抜くことが出来なくなります。

 

クラブの軌道もヘッドが極端に上から入ったり、アウトサイド・インになりやすくなってしまいます。

 

「体重が乗ったボール」を打つためには、大地に根を張ったようなドシッリしとて安定した下半身が必要不可欠であることを覚えいておいてください。

 

ボールを打つときは、クラブの遠心力に体が引っ張られてしまうので、それに抵抗する背筋の筋肉が飛ばしのカギを握ります。

 

ビハインド・ザ・ボールという有名な言葉が指すとおり、ゴルフではボールを打ち抜くまでは、常に頭をボールの後ろにおいておかなくてはならないのです。

 

イメージとしては、腕を伸ばしながらボールを目標方向へ「押していく」ようなイメージになります。

 

インパクトまでは頭をボールの後ろに残して、飛球線に腕や体が引っ張られるのに対して、背筋の力を使って抵抗します。

 

この動きが出来ると、スイングのパワーをロスなくボールにつたえることができて、大きな飛距離を生むことができるのです。

 

 

 

インパクトまで頭をボールの後ろに残すビハインド・ザ・ボールが飛ばしの極意

 

体重がボールに乗れば大きな飛距離を得ることができます!


ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


体重は右に残る

なぜ手打ちでは飛ばないのか
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
飛距離のカギはヘッドスピード
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
右腕のパワーを使い切る
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
自分のスイングタイプを知ろう
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
腕や肩の力みは厳禁
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
腕と体の動きを一致させる
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
足を使いすぎるとスイングが緩む
構える手順をいつも一定に
アドレスしたときのベストバランス
ドライバーはアッパー軌道で飛ばす
体とボールの正しい間隔は