ゴルフスイング|体とボールの間隔

ドライバーを真上からまっすぐ下ろした位置

体とボールの間隔が正しい関係にあるかを見る目安が、グリップエンドとおへそとの距離です。

 

グリップエンドとおへその間に握りこぶし1個半〜2個入るくらいが体とボールとの適切な間隔です。

 

リストの位置でいえば、ちょうど自分のアゴの真下か、やや前に出た位置になります。右腕は地面に対して垂直から、やや前に出た斜めの角度になっていれば適切な間隔です。

 

これ以上リストが前に出ると離れすぎで、ボールにクラブが届かず上体が突っ込んだスイングになってしまいます。反対にリストが近すぎると、手の通り道がなくなってしまい、詰まったインパクトになって体が逃げてしまいます。

 

ボールとの間隔を正しく取るには、両手でクラブを頭の真上に持っていき、そこから真下にクラブを下す方法が有効です。

 

こうして地面にクラブが触れたところがボールの位置になり、体とボールの正しい間合いができます。

 

この方法は、構えが大きくなるというメリットもあります。実際のラウンドではどうしても構えが小さくなってしまいがちですが、真上にドライバーを振りかぶることによって、背筋が伸びて全体的に大きな姿勢が取れるようになります。

 

ボールと体の間隔を正しくとれれば、スイングもおのずと安定していきます。

 

構えたときに右肩とボールを結んだ線は、地面に対して斜めになりますが、この角度がスイングプレーンになります。

 

スイングプレーンに沿ってクラブが動いていけば、クセのない素直なスイングとなり、それだけ再現性の高い安定したスイングとなるのです。

 

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ


体とボールの正しい間隔は

なぜ手打ちでは飛ばないのか
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
飛距離のカギはヘッドスピード
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
右腕のパワーを使い切る
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
自分のスイングタイプを知ろう
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
体重は右に残る
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
腕や肩の力みは厳禁
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
腕と体の動きを一致させる
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
足を使いすぎるとスイングが緩む
構える手順をいつも一定に
アドレスしたときのベストバランス
ドライバーはアッパー軌道で飛ばす