ゴルフスイング|ゴルフ上達

アプローチでクラブの使い方の引き出しを増やす

プロやトップアマは、コースの状況によってアイアンだけでなく、ドライバーも球筋を変えて、あるいはコントロールして打っていきます。

 

たとえば、地面が硬くて風が強ければ低いライナーを打つ、フォローの風が強ければ高い球筋でビックキャリーを出しに行く、全英オープンなどで100ヤード手前から転がしてグリーンに乗せる場面は、テレビ中継を通して見たことのある人が多いと思います。このように、アプローチの感覚をドライバーやアイアンにも活かしているわけです。

 

多くのアベレージゴルファーは、こうした感覚的なものでなく、正しいスイングをしてボールを真っ直ぐ飛ばすことに執着しがちですが、実際にコースに出ると、スライスやフック、球筋の高低の打ち分けなど、多くのテクニックが要求されます。

 

こうしたテクニックの多くは、アプローチを通して磨くことができます。というか、アプローチでないとなかなか理解できないと思います。

 

グリーン周りからのアプローチでは、ボールのライ、ボールからグリーンエッジまでの距離、ピンの位置やグリーンエッジからの距離、傾斜、風向きや強さなど、色々な要素を考慮したうえでどんなボールを打ってどうピンに寄せていくかを考えなければいけません。

 

強いボールがいいのか、柔らかいボールで攻めるべきなのか、場面によってイメージの組み立て方はそれぞれになるので、ひとつの答えを求めて執着するのは間違いなのです。

 

最初は出来ずとも、自分なりの感覚を働かせて、ショットのイメージ作りを習慣化することで、アプローチは劇的に上達するはずです。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ