ゴルフスイング|ゴルフ上達

アプローチの上達に必要な「アートな感覚」

強い球を打つのがアプローチの基本形ですが、グリーン周りからのアプローチでは、強い球だけではどうしてもイメージが湧かないことが多々あります。

 

グリーンが下っていて止まりにくい場合や、バンカー越えでピンが手前に立っている時などは、軟らかいボールを打つイメージが湧きやすくなります。

 

アプローチには、ハンドファーストでボールをしっかりとらえるという基準から派生した色々なテクニックがあります。グリーン周りからのアプローチでは、特にクラブの使いた方に幅広い応用テクニックが要求されます。

 

だからこそ、アプローチでのクラブの使い方をしっかりマスターするべきなのです。アプローチが上手な人は、総じてイメージがしっかり出来る人です。イメージが出来る人は、クラブの使い方の引き出しが多い人なのです。

 

クラブの使い方の引き出しが多い人は、言い換えればクラブフェースの色々な使い方を出来る人になります。

 

アプローチを上達させるのは、遊び心がないといけません。いわば「アート感覚」です。アート

 

アート感覚を出せる人は、アプローチだけでなく、ドライバーからアプローチまで、全部のショットで遊び心を持てる人です。

 

「力一杯飛ばしてやろう!」とドライバーをマン振りするのではなく、こんな弾道で飛んでいき、あの辺にボールを落として、最終的にフェアウェイのあの辺りに止まればいいというふうに、具体的にショットのイメージを組み立てているのです。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ