ゴルフスイング|ゴルフ上達

ワッグルショットでレイトヒットを身に付ける

ゴルフスイング,基本,上達

フルスイングの場合は、フィニッシュまで一気にクラブを振り抜いてしまうのでインパクトゾーンの動きを感じにくいものですが、アプローチの基本的な打ち方を身に付けていないと、ドライバーをいくら練習してもクラブの正しい動きを身に付けることはなかなか出来ません。

 

 

 

クラブやフェースの使い方を一番身に付けやすいのがアプローチですし、だからこそ長いインパクトゾーンを作るのにはアプローチのマスターが先決なのです。逆に言えば、アプローチが上手くなれば、同時にアイアンやドライバーも簡単に感じられてくるようになります。

 

アプローチの練習ではクォータースイングも非常に有効ですが、ワッグルショットも試してみてください。スイングをスタートする前にクラブを軽く動かすワッグルの要領でテークバックし、ボールを打つのです。

 

両手が構えた位置からほとんど動かなくても、ワッグルだけでクラブヘッドが1メートル近く動くので、そのままボールを打てるはずです。

レイトヒットがハンドファーストのインパクトにつながります

アプローチのように小さな振り幅で強いボールを打とうとする場合、クラブの重さを感じなければいけません。

 

アプローチ、あるいはショット全体の基本は、ダウンスイングでタメが自然に出来、クラブヘッドが遅れて入ってきて、ハンドファーストの体勢でインパクトを迎えるということになります。これがレイトヒットでボールをつかまえるということです。

 

プロやトップアマと、アベレージゴルファーの一番の違いは、プロやトップアマがハンドファーストでレイトヒットしているのに対して、アベレージゴルファーはアーリーコックで手首が早くほどけてしまい、ハンドレイトのインパクトになっているのです。

 

ハンドファーストは両手がクラブヘッドよりも目標側に出た体勢で、ハンドレイトはクラブヘッドが目標よりも先に出た状態です。

 

ハンドファーストかハンドレイトかの違いによってボールをしっかりとらえられるか、そうでないかのインパクトの感覚がまるで違いますし、そもそもクラブの使い方が正反対なのです。

 

アプローチでは強いボールを打つだけではなく、柔らかい球を打つとか手首を完全にロックして打つなどの方法を使う場合もありますが、それは基本ではなく、あくまでも応用なのです。

 

しかし、大半のアベレージゴルファーは弱いボールを打つのがアプローチの基本形になってしまっています。アプローチはまあまあだけど、ショットが不安定なのは、こうしたところに原因があるのです。

 

ワッグルショットでボールを打つアプローチ練習をしてみると、クラブの重さを利用することで自然なタメが生まれ、ハンドファーストの状態でレイトヒットできることが理解できるはずです。その感覚をアプローチのベースにしてください。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ