ゴルフスイング|ゴルフ上達

パンチショットはクラブを目線を低い位置におさめる

ゴルフ上達法,練習法

ゴルフの場合、パンチというのはインパクトを強くするという意味ですが、とくに右腕に力を加えてボールを叩くときに使います。

 

実際のラウンドでは、フェアウェイの全てがベストコンディションで芝つきが一定しているとは限りません。ボールが長めの芝に沈んだライや、ディボット跡の砂の上などというケースもあります。

 

こうしたライの悪い場合や、低いボールでグリーン上にピタリとボールを止めたい時などに有効なのがパンチショットです。

 

パンチショットを打つ時は、グリップ位置は通常のショットと変わりません。通常のボール位置くらい中に入れる程度で、ややハンドファーストを強めにして、あとは同じ感覚で構えます。

 

普段のショットと異なるのはフォローの位置です。クラブを高く上げていかないで、左腰の高さあたりの低い位置で止めます。そこがパンチショットのフィニッシュの位置になります。

 

スイングには勢いがあるので、手だけで低い位置に止めようとすると、手首を痛める危険性があります。この場合は手だけを止めるのではなく、体の回転も一緒に止めるようにします。

 

フォローで体が左を向いたとき、グリップエンドが自分の中心に向いているようにしますが、このポジションで体の回転や腕の振りを止めるのです。

 

右肩は上げないで、低い位置に止めます、上体は絶対に起こさないで低い姿勢のままフィニッシュをとるのもパンチショットを打つための大切なポイントのなります。

 

このショットのコツをマスターすれば、ドライバーからウェッジまでパンチショットを打つことができ、さらに少し距離のある林の中からの脱出など、幅広く使うことが出来るので、ぜひとも覚えておきたいテクニックのひとつになります。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ