ゴルフスイング|ゴルフ上達

ロフトを立ててつぶすか、ゆっくりとライナーで打つか

低い球を打つ方法は、大きく2つあります。

 

ひとつは上からボールをつぶす打ち方をして球筋を低く抑える方法で、もうひとつはスピンを弱くして球筋を抑える方法です。

 

まずボールをつぶす方法ですが、これはハンドファーストの度合いを強めてフェースを立てます。手の位置を変えずに、ボールを普段よりも1〜2個分左に寄せてアドレスします。

 

この方法はロフトが立っているので、そのまま打っても自然に球筋は低くなります。さらにスピンをかけてコントロール性を高めたいのであれば、右腕で叩くイメージを持つといいでしょう。ダウンで右手首の甲側の角度を変えずに、ボールを上から叩いていきます。

 

こうすると、スピンの効いた低いボールが飛んでいき、キャリーしたあとはボールはほとんどその場に止まってくれるランの少ない球筋になります。

 

もうひとつがスピンをかけない打ち方ですが、この方法はスイングを一定のゆっくりしたスピードにして、ロフトの立ったクラブで力を加えないで打ちます。バックスイングとダウンスイングのリズムを一定にするよう心掛けましょう。

 

ゆっくりクラブを振り上げたら、同じようにダウンスイングでもゆっくりとクラブを下していくのです。ヘッドスピードが遅ければバックスピンが減り、球が上がらず低くなります。

 

ボールを打つというよりも、正確にスイング軌道をクラブでなぞるようなイメージで打ちましょう。この方法ではスピンがかからないので、低くドロンとしたライナー性のボールになります。

 

ボールを強く叩きたい人はボールをつぶす方法をとればいいですし、ゆっくりとしたスイングで感じを出したい人はライナー性のボールを狙っていきましょう。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ