ゴルフスイング|ゴルフ上達

オープンスタンスで構え、スタンスに沿ってスイングする

一般的にフックに比べると、スライスは初心者時代に誰もが打ってきたボールなので、それほど打つのは難しくはありません。

 

コントロールされたスライスボールの理想的な弾道は、目標の左へ飛び出し右に戻ってくる球筋で、1番良くないスライスが右にプッシュアウトで飛び出し、そこからさらに右に曲がるボールです。

 

インテンショナルフックを打ときと同様に、インテンショナルスライスを打つ時には、アドレスの取り方が大切になります。

 

スライスを打つ時にはアドレスで左足を少し後ろに引き、オープンスタンスで構えます。フェースは目標にスクエアに向け、肩や腰など体のラインは目標の線と平行で構えます。スライスの曲がり幅の度合いは、フックと同様で後ろに引いた左足の度合いでコントロールします。

 

この構えが出来たら、次のポイントとしてフォローでフェースを返さないようにしてスイングすることを意識しましょう。左腕を伸ばし、左手の甲を目標の左へ押し出すようなイメージになります。そうすれば、フェースは返らずにフォローで斜め上を向くカット軌道のスイングになります。

 

クラブを振る方向は、スタンスに沿ってアウトサイド・インになります。

 

高低の調整もフックと同様で、低く打ちたい時にはボールを中に寄せ、高い球を打ちたい時にはボールを左に寄せます。

 

スライスを打つ場合には、残り距離に対して、いつもより1〜2番手大き目のクラブを持ちましょう。カット気味にボールを捉えるので、フックに比べてインパクトが弱くなり、距離が落ちるからです。

 

フックに悩んでいる人は、練習場などでスライスボールを打つ練習をすると解消されますので、ぜひ試してみてください。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ