ゴルフスイング|ゴルフ上達

インテンショナルボールの打ち方記事一覧

インテンショナルフックの打ち方

フックボールを打つ方法はいろいろありますが、単に左に曲がるだけでは、コントロールが効かずに実戦で使う事が出来ません。実戦でインテンショナルボールを使うには、いかに曲がり幅をコントロールするかが重要になります。理想的なフックボールは、目標の右に飛び出し、途中から左へ戻って目標を捉える弾道のボールで、こ...

≫続きを読む

インテンショナルスライスの打ち方

一般的にフックに比べると、スライスは初心者時代に誰もが打ってきたボールなので、それほど打つのは難しくはありません。コントロールされたスライスボールの理想的な弾道は、目標の左へ飛び出し右に戻ってくる球筋で、1番良くないスライスが右にプッシュアウトで飛び出し、そこからさらに右に曲がるボールです。インテン...

≫続きを読む

ロフト以上の高い球を打ちたいときは

高いボールを打ちたい時には、まずボールを上げやすいアドレスを作るところから始まります。例えば、目の前に越えなければならない障害物がある場合には、その頂点に視線を合わせてアドレスします。そうすれば自然に右肩より左肩が上がった、ボールを上げやすい構えになります。ボールはドライバーと同様に、左カカト内側線...

≫続きを読む

風に負けない強いローボールを打つ時

低い球を打つ方法は、大きく2つあります。ひとつは上からボールをつぶす打ち方をして球筋を低く抑える方法で、もうひとつはスピンを弱くして球筋を抑える方法です。まずボールをつぶす方法ですが、これはハンドファーストの度合いを強めてフェースを立てます。手の位置を変えずに、ボールを普段よりも1〜2個分左に寄せて...

≫続きを読む

パンチショットの打ち方

ゴルフの場合、パンチというのはインパクトを強くするという意味ですが、とくに右腕に力を加えてボールを叩くときに使います。実際のラウンドでは、フェアウェイの全てがベストコンディションで芝つきが一定しているとは限りません。ボールが長めの芝に沈んだライや、ディボット跡の砂の上などというケースもあります。こう...

≫続きを読む

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ