ゴルフスイング|ゴルフ上達

転がしが有効です

ゴルフスイング,基本,上達

フラットなライから、その下に位置するグリーンに打っていく打ち下ろしは、比較的長い距離になる場合が多いため、打ち上げに比べて使用するクラブのバリエーションが多くなります。

 

 

例えば、サンドウェッジでフルショットして丁度いい距離で打つことができますし、アゲインストの風が吹いている時には、低めの球を打ち、ランを利用することも出来ます。

 

 

もちろん低い球で攻める方法は、風に関係なく用いることが可能です。グリーン直前で打ち上げになっている場合もありますが、基本的にはずっと下りなので、この傾斜を利用して長めの番手を使い、転がすイメージで乗せるのです。

 

 

この方法の場合は、ルート上にバンカーなどがないことが条件になりますが、手前の上り傾斜や受けグリーンである場合などは、ボールの勢いがそがれるの、意外なほど乗せやすい攻め方になります。

 

 

グリーンにダイレクトに乗せるのではなく、ワンクッション入れることも可能で、ピッチ&ランのようなイメージで打っていく事になりますが、受けグリーンに対して打つ場合には、ランが出にくいこともあるので、キャリーを大目に見て打っていくのが無難です。

 

 

もっとも避けたいのが、グリーンをオーバーすることで、特にグリーンの奥が大きく落ちている場合には注意が必要です。ターゲットが見にくい打ち上げのアプローチが残るうえ、グリーン面は下っている場合が多いので、大叩きにつながる可能性があるからです。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ