ゴルフスイング|ゴルフ上達

つま先上がりはドロー、つま先下がりはカットのイメージで振ろう

ゴルフスイング,基本,上達

グリーンの手前にある左右の傾斜地からアプローチするときによく遭遇するのが、このつま先上がり&下がりのライで、右サイドからはつま先上がり、左サイドからならつま先下がりになるケースが多くあります。

 

つま先上がりのライからは、ロフトが大きいほど左へ飛びやすくなります。

 

ウェッジはもっとも左へ飛びやすくなるので、目標の右を向き、ドローで運ぶイメージを持ちましょう。

 

打ち出し方向にバンカーなどのハザードがある場合には、オーバー覚悟でグリーンセンター狙いのほうが良いこともあります。

 

バンカーなどのハザードがなく、転がしても乗せられるような場合には、ロフトが立ったクラブを短く持ち、ボールの近くに立って小さな振り幅で打つことも出来ます。

 

つま先上がりの度合いにもよりますが、ウェッジのように左に大きく飛び出すことはないので、目標設定がしやすくなります。

 

一方、つま先下がりからはカット気味に打って左から乗せるイメージを持つことが大切です。

 

基本的には右に飛び出しやすいライですが、ウェッジなどロフトの大きなクラブを使う場合には、それほど極端に右へ飛び出すことはありません。

 

逆にフェースを閉じすぎると左に飛び出すこともあるので注意が必要です。

 

この場合もピンを意識しないで、ターゲットはグリーンセンターにとり、もしこぼれても傾斜から脱出できれば良しと考えましょう。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ