ゴルフスイング|ゴルフ上達

傾斜なりに打つか、傾斜に逆らって打つか決めよう

ゴルフスイング,基本,上達

砲台グリーンに花道から乗せる、または左右や億に外したボールを乗せるときなどに遭遇するのが左足上がりです。ライはフェアウェイ、ラフともにありますが、いずれも2つの攻め方が考えられます。

 

ひとつはロフトが立ち気味のクラブを持って比較的傾斜なりにアドレスし、傾斜に沿って打ち出す方法。この方法はどちらかといえば緩い傾斜向けで、出球は傾斜よりも少し高くなります。このためランが出にくく、キャリーを出してボールを運んでいくイメージで打つと良いでしょう。

 

もうひとつはロフトのあるウェッジなどを使い、傾斜に逆らうようにして立って傾斜に打ち込む方法で、傾斜に沿って立てない急傾斜向けの打ち方です。この場合は距離感を合わせるのは非常に難しいので、グリーンオーバーにだけ気を付け、傾斜から脱出することを最優先しましょう。

 

一方、左足下がりはグリーン周りの斜面から打つ時によく遭遇するライで、この場合はワイドスタンスで傾斜に沿って立ち、傾斜に沿って振り抜く方法がメインになります。落としどころを決めておくこと大切ですが、感じを出し過ぎるとダフりやトップが出やすくなるので注意は必要です。グリーンに乗ればOKくらいの気持ちで臨みましょう。

 

ボールを上げようとするとミスになりやすいので、ボールを低く出してワンクッションさせてグリーンに乗せる方法もおすすめです。

 

傾斜を無視するイメージで両足を揃えるくらいスタンス幅を狭めると、左足下がりの傾斜を感じなくなります。このようにアドレスして、ボールの近くに立ってパターのように振る攻め方もあります。この打ち方も距離感が出しづらいので、グリーンに乗るか平らなところまで出ればOKと考えましょう。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ