ゴルフスイング|ゴルフ上達

安全な刻み方をセレクトする

ゴルフスイング,基本,上達

セカンドショットやサードショットで、グリーンまでの残り距離が200ヤード以上。この状況において、グリーンをターゲットにしていいのはプロか飛ばし屋のシングルクラスのプレイヤーくらいです。

 

それだけのポテンシャルがある人でも、200ヤード以上のショットではショットの正確性は格段にダウンします。

 

 

 

そのため、グリーンを外してもアプローチで苦労しないエリアに行くように打ったり、バンカーに入れないようになど保険をかけているものです。

 

しかし、アベレージゴルファーの場合はそうはいきません。200ヤード以上のショットとなると方向性は極めて不安定なうえ、トップやダフりの可能性も少なくありません。トップならまだしも、ダフってしまっては確実にもう一打損をしてしまいます。

 

それらの要素を考えたとき、もっとも安全なのが刻みになります。その場合に大前提となるのが、飛ばそうとしないことです。

 

距離的にしんどいから刻もうと判断したのに、飛ばそうとしてはその意味もなくなります。

 

刻もうと決めたら、距離を欲張らずに、方向性最優先と割り切れるクラブを使いましょう。

 

残り距離を考えたマネジメントが出来れば言うことはありません。得意な距離が100ヤードで、次のショットでその距離を残すのであれば、ピッチングウェッジを2回使うという戦略も考えられます。

 

刻むショットや刻んだ後のショットに、その日調子のいい番手を使えるようなマネジメントをしてもいいでしょう。

 

もちろん、バンカーや池、林やOBゾーンに行かないように刻むのは言うまでもありません。

 

いずれにしてもコントロールが最優先です。番手的にもメンタル的にも、自信を持って打てるクラブをセレクトしましょう。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ