ゴルフスイング|ゴルフ上達

どちらに飛びやすいのかを考えて目標を定める

ゴルフスイング,基本,上達

左足上がりと左足下がり、ツマ先上がりとツマ先下がりが重複することはありませんが、それ以外の傾斜は重複することがあります。

 

たとえば左足上がりとツマ先上がりは、左に飛びやすい複合傾斜です。特にショートアイアンなど短いクラブを使うと、この傾向は顕著になります。ですので、ターゲットの右から攻める戦略を立てなければなりません。

 

ただし、大きい番手を短く持って大振りしないようにしれば、左へ曲がる度合いを小さくすることが出来ます。これはロフトが立っている分、ショートアイアンのようにフェースが左を向かなくなるからです。

 

左足上がりのツマ先下がりの傾斜は、左に飛びやすい傾斜と右に飛びやすい傾斜の複合傾斜です。

 

このような、どちらにも行きやすい傾斜が複合している場合には、傾斜の度合いが大きいほうのボールが出やすくなります。

 

左足上がりの傾斜がキツければ、左に飛びやすく、ツマ先下がりがキツければ右に飛びやすいといった具合です。

 

こういった傾斜では、どちらの傾向が強いのかをよく確認し、それに応じたターゲットの取り方をしましょう。

 

いずれにしても、こういった傾斜地からはミート重視で打つことが基本です。クラブを短く持ってコンパクトなスイングを心掛けましょう。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ