ゴルフスイング|ゴルフ上達

飛距離のロスと引っかけに注意する

ゴルフスイング,基本,上達

左足上がりの傾斜地からのショットでは、2つのことに注意しなければなりません。

 

ひとつめは傾斜によってロフトが寝る分、飛距離が落ちることで、ふたつめは左に引っかけるミスが出やすいということです。

 

人によっては右にプッシュする場合もあるので、自分が引っかけやすいのか、プッシュしやすいのか把握しておきましょう。

 

飛距離のロスに対しては、番手を上げて対応します。150ヤードを普段は7番で打つ人は、6番に番手を上げるという具合です。

 

傾斜の度合いによってロスする飛距離は変化します。傾斜が急になればなるほどロフトが寝る度合いは大きくなるので、場合によってはクラブを2番手上げて対応する必要もあります。

 

ただし、あまりに急角度な傾斜だと、バランスの良いアドレスを作ることが難しくなります。このような状況では、スイングをしやすくすることを最優先に考えましょう。

 

距離を欲張らずに得意のクラブを使ったり、クラブを短く持ってスイングしやすくするなどして、次のショットが打ちやすいエリアにレイアップするのが得策です。

 

短い番手を持つと、左足上がりのライからのショットではボールが上がりすぎることがあるので、ミドルアイアンなどを使って転がすイメージで振るとよいでしょう。

 

引っかけを防止するには、フルスイングしないことが一番です。

 

そのために、距離的にみて少し大きめの番手を使うことがおすすめの方法です。

 

どれくらい左に飛ぶのか予測できるのであれば、ターゲットの右を向いて打ってもいいと思いますが、ロフトの大きなクラブほど左に行きやすく、ボールの曲がり幅の予測がつきにくくなるので、アベレージゴルファー向けのマネジメントとしてはおすすめ出来ません。

ゴルフ上達法パーフェクトガイド










ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイド TOPへ